適材適所を探求する人材派遣会社 株式会社ソフトパワー 大阪市天王寺区上本町5-2-11 TEL.06-6765-6100                | HOME |
SOFT POWER
企業ご担当者様
当社の考える人財
お仕事をお探しの方
お問い合せフォーム
会社紹介
アクセス
コラム-人と経営
SITE MAP
社員募集
コンプライアンス
HOME

コラム「人と経営」
Back Number
■ 山と谷を楽しむ No.2 ■
1,山か谷かを判断する

人間は定期健診や人間ドックである程度健康状態を診断出来る。しかし、企業の診断は難しい。取引の金融機関が決算書を見て診断はしない。
新規事業の可能性を評価しない。回収が出来るかどうか。

決算書を見れば、今年一年の収益や資産は解る。過去の決算、現在の市場、経営者の意志、
社員の能力や士気などを詳細に分析しないと健康なのか、病気なのか。山なのか谷なのかは
判断出来ない。

内部統制の実施や監査役を設置してはいるが、機能していない企業が多い。
企業の置かれている外部環境などマーケティング分野の評価や分析はもっとなおざりに
されている。

2,山を登る企業、谷に下る国家

日本の先行きをエコノミストは悲観的に見ている。スペインやギリシャを除くと欧州は
今年度プラス成長の予測を立てている。米国も同様だ。
中国を中心としたアジアは当然ながら勢いがある。

韓国の現代自動車は、落ち込む米国の自動車市場で唯一伸びている。サムソンは日本の
半導体や電気大手を尻目に世界市場で成長を続ける。日本の企業で元気な企業は少ない。

この差は何なのか。例えば、米国で現代自動車は新車購入した一年以内に会社をリストラ
された場合、返品(返金)に応じるという。斬新な取り組みを実施した。一歩先を行く。

3,こころが山に登れば良し

作家の浅田次郎氏が、新書「ハッピー・リタイアメント」を上梓した。
書の内容は割愛するが、人生には山も谷もある。前半良ければ後半悪し。
どういう状況で有れ「人間の誇りを失うな」というメッセージを感じる。

大金を持とうが、経済的に厳しい場に置かれようが、自分の生き方に自信を持てれば
幸せな人生であると言える。何かを残したいと思う。足跡を残したいと思う。
でも、モノを残すのではなく誰かの心に残ればいい。

日本人が世界に誇れるのは真面目さや勤勉さだ。手を抜かない性格が強みでもある。
その勤勉さや心配りが必要なのはモノづくりではなく、サービス業だ。
ミュシュランが評価した京都の老舗には和のこころがある。

                                     (Written by 川下行三 10/01/08)

コラム一覧へ戻る
Copyright (C) 2002-2007 Soft Power Co.,Ltd. All Rights Reserved.
HOME