適材適所を探求する人材派遣会社 株式会社ソフトパワー 大阪市天王寺区上本町5-2-11 TEL.06-6765-6100                | HOME |
SOFT POWER
企業ご担当者様
当社の考える人財
お仕事をお探しの方
お問い合せフォーム
会社紹介
アクセス
コラム-人と経営
SITE MAP
社員募集
コンプライアンス
HOME

コラム「人と経営」
Back Number
■  企業の生き残る道 No.1 ■
1,アジアシフトが鮮明

厳しい経済状況を反映して、大手を中心にグローバル展開している企業は急速にアジアへの
投資を進めている。輸出加工型産業は米国からアジアへと方向を変え始めた。

「鉄は国家なり」と叫ばれた時代は過ぎ去ったが、粗鋼生産量は国家の実力をはかる重要な
指標だ。今では中国の粗鋼生産量が世界一になり、日本の4倍に上る。

中国は消費刺激策が反応して、大きく国内消費が伸びている。百貨店は混雑し買い物客で
ごった返す。沿岸部の上海や北京の大都市だけではなく、内陸部の小売り市場も活況を示す。

2,ニッチ市場は国内に幾らでもある

一方、日本の国内市場は低迷を続ける。小売りで言うと、イオンやイトーヨーカドーのような
大手は減収減益が続いている。全国展開、取り扱い品目数の多さが、高度成長期は強みで
あったが今は弱みに反転した。

大量生産、大量販売が岐路に差し掛かっている。量の拡大が意味をなさない。
地域に根ざす食品スーパーは、着実に利益を上げる。ニッチな市場は未開拓も含め残っており、成長の余地はまだある。

元々、中小企業はニッチな市場に焦点をあててきた。大企業が相手にしない顧客ニーズや
マーケットに対応してきた。ユーザーとの密着度も高く価格競争は無意味だ。
同質競争をしていては規模の経済に負ける。

3,ネットを使いこなせ

リアルな小売り店舗は減収を余儀なくされている。しかし、ネットの店舗は元気がいい。
自転車の小売りで成長をしてきた大阪本社のA社は、実店舗の売り上げに比して2/3を
ネットで販売する。

楽天やアマゾンなどのネット小売り専業はもちろん好調、業績は良い。
手頃な価格、便利さ、品揃え、ユーザーの評判、リアルには無いモデルが評価されている。
買う楽しみを除けば何でもネットで手に入る。

東証マザーズに上場しているSNS大手のG社は設立僅か5年で、数百億円の売上げと
100億円を超える利益を今年度決算で計上する。携帯コンテンツ有料課金の収益モデルで
順調に業績を伸ばし続けている。

ネットを使えば小さな企業でも急成長が可能だ。チャンスが訪れている。
ビジネスモデルを磨き、ビジネスを進化させて欲しい。

                                     (Written by 川下行三 10/01/18)

コラム一覧へ戻る
Copyright (C) 2002-2007 Soft Power Co.,Ltd. All Rights Reserved.
HOME